LosAngeles ロサンゼルス観光特集

ロサンゼルスの都市情報

ロサンゼルスの地理・歴史

ロサンゼルスの地理・歴史16世紀の中頃、スペインの探検隊がこの地に足を踏み入れたのが、 ロサンゼルス歴史 のはじまりと言われている。当時は少数のインディアンやバッファロー、鹿などが住むだけの広大な原野だった。
1771年にフランシスコ派のユンペロ・セラ神父が初めて移住者となり、10年後、メキシコから教徒集団が移り住み、プエブロ(村落)を形成した。19世紀に入 るとともにこのコミュニティは発展しカリフォルニア地域の拠点となった。
1821年にメキシコへ合併されると、スペインからの独立戦争で闘った恩賜としてここの土地が与えられ、かつての軍人たちが牧場主となって富を築いた。しかし、大陸の東側から新 天地を求めて西進してきた開拓民と対立し、1850年にはついにメキシコ総督が降参、アメリカに合併された。
この頃金鉱の発見によって一躍ゴールドラッシュが起こり、人口は急増。 鉄道が開通され、西部はまたたく間に躍進をとげた。LAは西に海、東、南、北に山を臨む、世界でも最大級の盆地のひとつ。約38,000年前に海底から隆起したところで、かつてはマンモスが生息する熱帯地であったという。
グレーター・ロサンゼルスと呼ばれる地域は「ロサンゼルス」「オレンジ」「ベンチュラ」「リバーサイド」「サンバナディーノ」の5つのCounty(群)から成り立っている。
サンタモニカハリウッドビバリーヒルズなどの有名な観光名所はすべてロサンゼルス・カウンティにある。

ロサンゼルスの人口・人種

約200年前、1781年に人口44人からスタートしたロサンゼルス市は、現在約370万人を抱える全米第2の都市。しかも人種は最初の入居者の顔ぶれ (スペイン人、アフリカ人、インディアン、メキシコ人)を見てもわかるように様々。
当初は先住民のガブリエレノインディアンが3万人ほどいたが、その後アメリカ東部やヨーロッパ、アジアから多数の移住者がやってきた。このため同じ「ロサンゼルス市民」といっても人種的背景は雑多で、一説によればLAでは96の言語が使われているとか。
現在、ロサンゼルス郡は人口約940万人。
人種比率は、アングロサクソン49.7%、ヒスパニック系32.9%、アフリカン・アメリカン8%、アジア系8.8%。ヒスパニック系とアジア系の占める割合は全米で1番高い。
不法滞在者も相当多いと見られ、メキシコからの不法入国者は約50万人にのぼるといわれる。

ロサンゼルスの気候・天気

ロサンゼルスの気候・天気年間を通じて温暖で過ごしやすいのが南カリフォルニアの特徴。 カラリとしているので雨の心配はほとんどない。一般に四季の変化は少なく、冬でも日中の日差しが強く、平均温度は13℃を切る程度。ただし、朝晩は冷え込むので注意。春は澄みきった青空が広がり、 海岸部では昼夜の温度差が激しく、霜が降りることもある。7~8月の盛夏は日差しが強く高温になるが、温度が低いので不快感はない。LA市内では降雪はないが、サンガブリエルやサンフェルナンドの山間部では雪が降り、 スキーを楽しむことができる。海岸部は市内より5~10℃気温が低く、一日の温度差も少ない。要するに地域や昼夜の温度差さえ頭に入れておけば、LAは一年中が旅行好適シーズンといえる。

ロサンゼルスの産業・文化

ロサンゼルスの産業・文化カリフォルニア州のニックネームはゴールデンステート。 一発屋が今も昔もカリフォルニアを目指してやって来る。産業を歴史的にたどってみても、そのことがよくわかる。1846年カリフォルニアで偶然発見された金鉱脈がゴールドラッシュの始まり。 一攫千金を夢見る人々が東部から集まったが、金鉱は掘りつくされ、やがてゴーストタウン化していった。同時期、東では南北戦争が終結。1869年西部開拓史上重要な出来事、大陸横断鉄道が完成した。 翌年にオレンジの栽培が盛んになり、土地ブームを引き起こす。90年代に石油が発見され、6年間に3,000以上の発掘井戸が設けられた。広い砂漠の町LAが、米国第2の大都市にのしあがったは、いうまでもなくこの石油発見による。 石油やオレンジ運送のためにサンペドロ港が建設されたのもこの頃である。映画の都ハリウッドが誕生したのは1911年のこと。雨の少ない好天候に目をつけた映画関係者がスタジオを設立し、1920年代には世界有数の繁栄産業に発展した。 また、1913年、2,500万ドルを投じ北のハイシエラから高架水道が開かれ、農工業発展に寄与した。1914年に第一次世界大戦が起こり、武器と食糧の輸出で利益を収め、アメリカ勝利のまま終戦。1939年、第二次世界大戦が起こるが、アメリカの好景気は続く。 40年代に制作されたアメリカ映画の90%はハリウッド制作といわれ、この街はアメリカの夢であった。同時に航空機産業も発達し、終戦後は軍人たちが集まってきた。彼等は労働力となり、50年代にかけて航空機産業は確実に発達していった。 一方、ハリウッドの栄光の陰りが見え始めたが50~60年代。ジェームス・ディーン、マリリン・モンローの死が相次いだ頃で、家庭にTVが普及し始めた。現在では、映画のスタジオでTVドラマが作られている。ロサンゼルス市全域の一世帯平均収入は3万4941ドル。 外国出生者は人口の27%にもあたる。アメリカの流行や新風俗は西から東へ動くと言われ、例えば、60年代のヒッピー、ウーマンリブ、学生運動、性革命などはすべてカリフォルニア生まれ。ダイエット、シェイプアップブームもLAが火つけ役になっている。 又、富と力のあるこの地は、私立の美術館、アートギャラリー、博物館が多いことでも知られている。


©2008-2021 JTB USA Inc.