NIAGARA FALLS

ナイアガラ観光なら、長年の歴史に裏付けされたJTBのルックアメリカンツアーにお任せください。
現地の情報を知り尽くしたガイドとドライバーが安心のツアーをお届けします。
ホテル~空港間の送迎やフライト、観光地の見どころやお食事まで、細かなところまで気を配ったスムーズな旅行をご用意しています。
面倒な予約のいらないJTBのナイアガラ観光なら、現地で思い切り感動するだけ!


  • アメリカ側からも滝の観光ができます。ルナ島から滝壺を間近に見下ろせます!

  • 出発日限定のスペシャル割引ツアーもあります!

  • 遊覧船に乗って滝の間近に大接近します

  • 滝のしぶきを浴びながら見る迫力の瀑布

  • 絶景を一望できるレストランの昼食付き

  • テーブルロックでカナダ滝を間近に観光

知ってた?こんなナイアガラ

TRIVIA

カナダ滝、アメリカ滝、ブライダルベール滝の3つから成り立つナイアガラ・フォールズ。
観光地としては18世紀からの歴史があり「世界のハネムーン・キャピタル」としても有名です。
また、その背景には、訪れる前にぜひ知っておきたい様々な逸話が隠されています。

service image

どれだけ落ちる?水の量

水、水、水のナイアガラ。怒濤とどろく大瀑布。写真や映像では知っているつもりでも、実際に目の当たりにするとその迫力に引き込まれてしまいます。滝に落ちる膨大な水量は毎秒500mlのペットボトル480万本分、東京ドームの4.8個分だとか。おまけに落差が約50mもあるので、その轟音と水しぶきも想像以上の激しさです。

service image

最初のデアデビルは誰?

最初に滝下りに成功したデアデビル(命知らず)は63歳の女性で、学校の先生だったアニー・テイラーさん。勇敢にもオーク材の樽で挑戦したのですが、その理由は、経済的に困っており救貧院行きが嫌だったからだとか。その後、16名が挑戦し11名が生還、5名は死亡。現在、滝下りはカナダ政府により禁止されており、違反者には最高1万㌦の罰金が科されます。

service image

なぜカナダ側ばかり賑やか?

19世紀後末、自然保護運動の高まりとともに、ナイアガラ・フォールズも米国最古の州立公園となり、商業化に歯止めをかけました。これによりゴートアイランドを始め、アメリカ側は自然を重視した公園として整備されました。手がけたのはニューヨークのセントラルパークの設計者フレデリック・ロー・オルムステッドで、「ランドスケープ・アーキテクト」の父と呼ばれています。

日帰りツアー

DAY TRIP

ニューヨークからの人気ナンバー1ツアー
ホテルからの往復をすべて含んだ、便利なツアーです。

  • アメリカとカナダにまたがる世界三大瀑布の1つナイアガラの滝で大自然の驚異を体験
  • 往復航空券、滝の見える展望レストランでの昼食も含まれておトク!
  • 夏は大迫力の遊覧船、冬は滝の裏側のトンネルで滝を間近から見学
  • テーブルロックから豪快なカナダ滝を間近に見ます
  • アメリカ側から陸路でカナダ国境を越えます
  • 観光終了後にはCERTIFICATEをお渡しします
  • お土産ショップにもお立ちより。カナダ名産メープルシロップをお忘れなく!

送迎&観光

日本語ガイド

食事付き

航空券込み

詳細を見る

ボストン発のツアーはこちら

その他のツアー

OTHER TOURS

1泊2日ツアー

  • ナイアガラを思い存分楽しむなら1泊2日が絶対おすすめ!
  • 世界三大瀑布の1つ、ナイアガラの滝を心行くまで観光。日本語ガイド付きだから安心・楽しい
  • ニューヨークからの往復飛行機代、滝の見える展望レストランでの昼食付き
  • 夏は迫力満点の遊覧船・冬は「滝の裏側のトンネル」観光
  • カナダ側のホテルに宿泊するので、 カジノやスカイロンタワー、スカイウィール(大観覧車)を始め、様々なアトラクションも徒歩圏内
  • マンハッタン指定ホテルからの往復空港送迎が可能(日本語サービス)

オプショナルツアー

自由時間に合わせてお好きなプログラムをお選びいただけるオプショナルツアーで、ナイアガラの旅をさらに楽しく、印象深く。
ここにご紹介しているもの以外にもご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

niagara

よくある質問

FAQ