オーロラ特集
極光、オーロラ
極北の空を彩るオーロラ。あの神秘の光は一体何なのか。どこで見ればいいのか。
遥か遠い北国へJTBルックアメリカンツアーがご案内させていただきます。

オーロラとは?

太陽風が大気圏にぶつかり、発光する自然現象
オーロラ 解説

太陽から地球に向かって常に太陽風が吹いていますが、地球は磁場に覆われているため、太陽風は弾かれます。S極(北極側)とN極(南極側)が磁力線で結ばれていますが、磁極では隙間から一部の太陽風が進入します。 その太陽風に含まれている帯電粒子(高粒子プラズマ分子)が大気圏の酸素と窒素とぶつかり合った時に発光される自然現象が「オーロラ」です。

オーロラをどこで見る?

オーロラ 地図

オーロラが最も出現しやすい場所は地磁気緯度65~70度の付近で、北極の回りを囲むように帯状のエリアに発生することから「オーロラベルト」と呼ばれています。 イエローナイフ、ホワイトーホース、フェアバンクス、レイキャビックなどはこのオーロラベルト直下にある為、オーロラ鑑賞には適しているのです。

アラスカでオーロラを見る
アイスランドでオーロラを見る
イエローナイフでオーロラを見る

オーロラ鑑賞のベストシーズンは?

オーロラがよく見える条件はこの2つ!
空が暗いこと
オーロラベルトのエリアは緯度が高い為、5~7月の間は白夜に近く、日照時間が長いのでオーロラ鑑賞には適していません。それ以外のシーズンが夜が長くオーロラが見えるチャンスが広がるということになります。 また、空の暗い新月の方がオーロラが見えやすいと言われていますが、オーロラの光のレベルはその日によって異なる為、満月の夜でも光レベルの強いオーロラが現れることもあるので、それほど影響はないかと思われます。 また、鑑賞ポイントが街の明かりなどから離れていてることもポイントとなります。
天候が良いこと
オーロラは100km以上の上空に現れるため、それより低いところに厚い雲があると地上からは見えません。 その為、晴天に恵まれやすい冬と夏の間が適しているといえます。ただしこれだけは自然現象の為、天気は運!です。
アラスカ
アメリカ合衆国、最北の州、アラスカ。空港から100㎞ほど離れた大自然内の温泉リゾートで快適にオーロラ観測!アイスミュージアムや犬ぞり体験などオーロラ以外のアクティビティーも充実!

チェナ滞在コース

温泉リゾート宿泊コースはこちらです。露天風呂やオプショナルツアーの出発地が目と鼻の先!

チェナでのオーロラ観測

フェアバンクス滞在コース

大人気のチェナ温泉リゾート、お部屋が満室でも施設は利用可能!フェアバンクス市内ホテル宿泊コースはこちら!

オーロラ鑑賞以外の楽しみは?

オーロラ 解説
オーロラ 解説

アイスミュージアム(氷の博物館)
年間を通して室内をマイナス7度で保たれている全て氷で作られたアイスミュージアムは世界最大。 アイスミュージアムツアーに参加して氷の世界に浸ってください。氷のテーブルやイスでできたバーカウンターにて、氷のグラスで飲むアップルマティーニはいかが?

アイスランド
オーロラが見える最も暖かい場所といわれるアイスランド。天候が不安定なので、オーロラ鑑賞率は他と比べて少々劣りますが、オーロラだけでなく他の観光も楽しみたい方にはおすすめ。

オーロラ鑑賞以外の楽しみは?

ブルーラグーンで温泉体験
ブルーラグーンは世界最大の露天風呂。隣接する地熱発電所のエネルギーを利用した巨大人工温泉です。 お湯の成分には天然のミネラル、けい素と藻、海水などの有効成分が豊富に含まれており、アトピー性の皮膚炎に効果があります。 ラグーンの中でも色々温度が違いますので適温の場所を見つけてみてください。また、美容効果のある泥パックにもチャレンジ! レストランやスパなども施設も併設されているので、一日中のんびり楽しめます。水着をお忘れなく。
オーロラ 解説
オーロラ 解説
オーロラ 解説

アイスランドでのオーロラ観測

弊社ツアーに含まれているオーロラツアーではガイドが観測率が高い場所を選んでバスを走らせます。海沿いの日もあれば内陸部や湖の近くの場合もあります。

イエローナイフ
カナダ極北にあるイエローナイフは北緯62度「オーロラベルト」の真下に位置し、晴天率がよいことから抜群のオーロラ鑑賞率を誇る人気の地です。

イエローナイフでのオーロラ観測

オーロラ 解説
オーロラ 解説
オーロラ 解説

オーロラ鑑賞施設「オーロラビレッジ」

オーロラビレッジでオーロラ出現を快適に待とう!
世界で最もオーロラが見やすいイエローナイフでも、オーロラはなかなかすぐには姿を現してくれません。寒い中オーロラ出現までの待ち時間も快適なオーロラビレッジで安全に快適に過ごして頂けます。 ホテルからオーロラビレッジまでの送迎、案内スタッフのほとんどは日本人。 言葉の問題もなく、オーロラビレッジでの過ごし方やオーロラ鑑賞の方法について日本語でご案内するので安心です。

オーロラ出現を待つには、主に以下の4つの方法があります。
2. 本格派レストランでお食事をしながら優雅に待つ
オーロラビレッジにある山小屋風のレストラン『ロッジ』事中にオーロラが出現した時はスタッフが教えてくれる

イワナのスモークなど地元の食材を使った本格料理をワインやビールとともに楽しめる
オーロラ 解説 レストラン外観
オーロラ 解説 レストラン内装
オーロラ 解説 イワナのスモーク
4. ふたり掛けの「オーロラこたつ」で夜空を見ながら待つ(別途料金/事前予約要)
オーロラ 解説 ヒーターつきのリクライニングシート「オーロラこたつ」

オーロラ鑑賞以外の楽しみは?

オーロラ 解説
オーロラ 解説

犬ぞり体験(冬季)*
マッシャー(操縦士)のかけ声によって勢いよく駆ける犬ぞり。雪原を走り抜ける爽快感は貴重な体験です。健気に走る犬たちの姿も感動ものです。

オーロラ 解説
オーロラ 解説

キャメロン滝ハイキング(夏季)
緑豊かな自然の中、トレイルをハイキング。キャメロン滝ではマイナスイオンを浴びてのんびりできます。秋は美しい黄葉を楽しめます。珍しい野鳥に出会うことも。

©2019 JTB USA Inc. All rights reserved.