『マイル・ハイ・シティ』 デンバーの必見スポットを徒歩でまわる

デンバー 16番街モールウォーキングツアー

◆ゴールドラッシュで誕生し、ビクトリア朝の建物が未だに保存されているデンバー市内。1983年に再開発された16番街モールをユニオンステーションから州議事堂まで無料シャトルバスを使いながら徒歩にてご案内します。
◆エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー等有名人も愛着のウエスタンシャツの店Rockmount Ranch Westでショッピング、コンベンションセンターのシンボルの青い熊(12メートル)を見学のあと、絢爛豪華な州議事堂までご案内します。デンバーのニックネーム「マイル・ハイ・シティ」。州議事堂の西側の階段には標高1マイル(約1,600m)が刻まれています。
◆晴天日300日のデンバーで一緒に歩きませんか?

出発都市

デンバー

言語:

日本語

最少催行人数:

2

時間/日数:

2時間 (10:00-12:00)

ツアーコード:

5824

参考代金(税込):

大人US $44より    子供US $44より
出発日:

毎日: 2020年4月1日~2020年9月30日


スケジュール
10:00

ユニオンステーション正面玄関外側に集合(Wynkoop通り)

10:15

Rockmount Ranch Wear

1946年創業のアメリカ初のウエスタン・アパレル専門のシャツメーカー。今では当たり前になっているスナップ・ボタンをシャツに採用した最初のメーカーです。3世代にわたり受け継がれるロックマウントは、アメリカ製にこだわり“Sawtooth Pocket”(ギザギザポケット)や“Diamond Snap”(ひし形スナップ)などのユニークなデザインで長きに渡って世界中で愛されています。

10:45

ブルーベアーコロラド コンベンションセンターのシンボル
コンベンションセンターをのぞき込む青い熊は、2005年に造られ、今ではすっかりデンバーのアイコンになりました。高さ12メートルあり、正式名称は「I See What You Mean」と言います。

11:00

I Heart Denver Store(デンバー旗艦店)でショッピング

11:30

コロラド州議事堂
1900年代初めのコロラドのゴールドラッシュを彷彿とさせる黄金のドームと、コロラド産の大理石が使われた州議事堂。階段にはちょうど海抜1マイル(約1600m)のところに印がついています。デンバーは海抜1マイルに位置することから、『マイル・ハイ・シティ』の名で親しまれています。

12:00

解散

集合場所

その他のホテル

ツアー代金
代金適用日 大人 子供 幼児 1人部屋
追加代金
3人部屋
割引代金
基本料金 04/01/2020~09/30/2020 US$44 US$44 - - -

※代金適用年齢(ご出発時の年齢が適用されます):大人=12才以上/子供=2~11才/幼児=0~1才

料金に含まれるサービス

日本語ガイド料金、税金、チップ

お食事

朝食 0

昼食 0

夕食 0

変更・キャンセル料金

ツアー日の前日より起算してさかのぼってお一人様につき:10日前の17時以前は無料、5日前の17時までは50%、それ以後は100%の変更・取消料金がかかります。(標準:米国東部標準時間)

催行会社:Japan Guide Service Colorado
ご注意

※ツアーの出発時間、観光箇所と順番は予告なしに変更になることがありますのでご了承ください。
※標高が高く乾燥しやすいため、ミネラルウォーターなどをお持ちください。
                                                   

※ツアーお申し込みの前に「 ご注意・ご案内 」を必ずお読みください。
お問い合わせ・お申し込み
ルックアメリカンツアー予約センターまで、お気軽にお問い合わせください。
Eメール
look@jtbusa.com

電話
1-212-424-0800

FAX
1-201-333-3891

米国内フリーダイヤル
1-800-LOOKJTB (566-5582)

受付時間
米国東部時間
月~金 午前 9時 ~ 午後 7時

米国西部時間
月~金 午前 6時 ~ 午後 4時

日本時間 (米国夏時間)
月~金 午後10時 ~ 翌日午前 8時

日本時間 (米国冬時間)
月~金 午後11時 ~ 翌日午前 9時

※米国の夏時間実施期間は、3月の第2日曜日午前2時~11月の第1日曜日午前2時です。
※米国の祝祭日は電話受付業務を休業させていただきます。
※弊社営業時間外に受信したメールは翌営業日以降の返信となりますのでご了承ください。

©2019 JTB USA Inc. All rights reserved.

JCB Campaign